Just another WordPress site « おきあがりこぼし芸術祭vol27舞音祭 朗読沖永良部ラブストーリー

おきあがりこぼし芸術祭vol27舞音祭 朗読沖永良部ラブストーリー

おきあがりこぼし芸術祭vol27舞音祭 朗読沖永良部ラブストーリー

おはようございます✨
スカッと晴れて気持ちの良いお天気です~
さぁ本日は、英会話のレッスンもあるょ

新年最初のおきあがりこぼし芸術祭vol27
2/11月曜日祝日14:00~18:00
高田馬場音部屋スクエアにて
2000円+1ドリンク
(打ち上げ、交流会参加される方は+1000円)

和をテーマにしております

舞音祭1組目

ヴァイオリン 佐野真
朗読 伊藤さつき

作品「沖永良部ラブストーリー」

皆様、沖永良部というのをご存知でしょうか。沖永良部とは沖永良部島のことで、奄美諸島の南西部に位置する小さな小さな島の名前で、鹿児島県ということになっています。地図をご覧になればお分かりですが、鹿児島といっても沖縄に極めて近い自然環境にあることが想像できることでしょう。
ある夏の日、この沖永良部島を仕事で訪れた青年・和彦はとても不思議な体験をしました。行きの飛行機のスッチーがとても可愛い。でも、可愛いってだけでなく、何か懐かしい。どこかであったかな?誰かに似ているのかな?考えてもなかなか思い出せない。仕事を終えて帰りにつくころ、ふとしたきっかけで思い出した!と同時に涙があふれて止まらない。切なく切なく甘ずっぱいような、ちょっと苦い恋のお話。好きです!と言えなかった小さなラブストーリー。お楽しみください!

プロフィール

佐野真
1971年大阪府豊中市に生まれる。1987年大阪府立北野高校入学。北野高校オーケストラ部に入部し、ヴァイオリンを始める。2014年3月には「ヴァイオリンと朗読の世界」シリーズを立ち上げ、現代演劇の俳優による日本神話・民話の朗読にヴァイオリン演奏をミックスしたスタイルでの表現にチャレンジを開始した。2015年夏には、小田原の老舗劇団「こゆるぎ座」の看板女優・奥津真理子とともに「花いちもんめ」(宮本研・原作)の上演を行い、好評を博した。「福島復興応援おきあがりこぼし芸術祭」に2年連続で参加(ゲストテラー/伊藤さつき)。2016年2月、女優・長澤しずか主催公演「リビドーの旋律」(三島由紀夫/原作)に音楽提供として参加・出演した。同年12月にベルギー大使館にて開催された「日本ベルギー国交樹立150年記念コンサート&ベルギー料理の夕べ」(主催/ブリュッセル航空ほか)に音楽企画「ヴァイオリンと朗読の世界」として出演し、名作「フランダースの犬」を上演し、好評を博した。2018年10月には栃木県さくら市にて「百目鬼物語」を上演し、このときには自ら朗読も担当した。ヴァイオリンを舟山千秋氏に師事。朗読を島田紀子氏に師事。日本劇作家協会会員。

伊藤 さつき
愛知県豊川市出身。主に小劇場中心に活動中。昨年は長崎に原爆投下される前日のお話を描いた作品「明日-1945年8月8日-」に出演。

おきこぼファミリ~久々です🎵
ヴァイオリンと朗読のコラボお楽しみに🍀

映画祭(会場投票、舞台挨拶、賞、賞品有り)、
舞音祭(舞、歌、朗読)
占い祭(4人の占い師3階にて占いのみOk10分1000円)

ご予約は、こちらdoramamon97@gmail.com
きじまみ。まで

本年も緩く温かな場所でありますように
宜しくお願いいたします<(_ _*)>